スマホ料金とガラケーの料金はどちらがお得?

ダイエット

大手の携帯電話会社だけで月額最低料金を比較した場合には、スマホ料金よりもガラケー料金の方がお得になります。

しかし、その場合でも使い方によってはスマホ料金がお得になることもあります。

まず、一般的なスマホ料金の場合は、電話かけ放題プランしか選択できない携帯電話会社があるため、パケット代などを含めると月々7,000円程度になることが一般的です。

しかし、様々なキャンペーンがあるため、上手に契約をすると最初の2年間は、月々数千円程度の割引を受けることができる場合もあります。

次に、ガラケーの場合はかけ放題プラン以外も選択できることが多いため、従量制プランであれば月額料金を2千円程度以内に抑えることができます。

大手の携帯電話会社の一般的なプランを比較するとガラケー料金の方が選択肢が広く、最低でも数千円程度お得な料金設定になっています。

しかし、国際電話をかけることが多い人などは、かけ放題プランが適応されないため、逆にスマホの格安通話アプリを利用した方が、トータル的な料金をお得にできる場合もあります。

さらに、スマホの場合は格安SIMを利用することができるため、その場合はガラケーの最低料金と同じぐらいにすることも可能です。

なぜwifiを利用するとスマホ料金が激安になるの?

ダイエット

どうしてwifiを利用するとスマホ料金が激安になるかというと、インターネット回線を利用する料金を節約できるからです。

wifiとは、インターネットの高速回線を無線接続する規格のことで、wifiのアクセスポイントに接続するようにすると、スマホのモバイルデータ通信網を使わなくても、インターネットサイトの閲覧や、オンラインゲーム、動画サービスや音楽やソフトのダウンロードを楽しめます。

モバイルデータ料金を使う必要がないことから、スマホ料金プランもデータ量が一番少ないものを選ぶことができるので、毎月の通信料を激安にできるのです。

通話アプリを使う方も、料金を気にせずに長時間利用できることがあります。

自宅の回線がwifiに対応している場合は、暗号化キーなどの設定を行うだけで、家でインターネットに接続してスマホ料金の節約をすることができます。

もし家にwifiがない場合は、これを機にwifiを取り入れてみるということも検討してみてはいかがでしょうか?

また、出先で激安に使いたい場合は、店舗や公共施設で提供している無料のwifiスポットを利用するのがおすすめです。

携帯キャリアによって、対応していないことがありますので、事前に確認するといいですね。

スマホ料金の支払い方法で、おすすめのものはどれ?

ダイエット

スマホ料金の支払い方法としては、主にクレジットカードでの支払い、口座引き落とし、請求書での支払いの3つがあります。

このうち、おすすめなのは、クレジットカードでの支払いです。

なぜならば、この手法の場合、いったんクレジットカード会社がスマホ料金を支払ってくれるため、スマホ料金の支払いを忘れるということはありませんし、クレジットカードのポイントもたまるためです。

そのため、クレジットカードを持っているのであれば、この支払い方法が良いということになります。

口座引き落としは、支払日が来たら、自動的に口座からスマホ料金が差し引かれるという方式です。

この支払い方法のメリットとしては、口座にスマホ料金が振り込まれていれば、自動的に支払いが行われるため、手続きが必要ないということにあります。

そのため、クレジットカードを持っていない場合は、この支払い方法がおすすめです。

請求書での支払いは、請求書が来たら、所定の場所で振り込み手続きを行うという支払い方法です。

基本的にはコンビニなどで手続きを行うことができますが、手続きをするためにコンビニに出向き、さらに手続きのための作業をしなければならないため、他の方法よりも面倒です。

これらのことから、この方法は、あまりおすすめできるものではありません。

スマホ料金はプリペイドタイプの場合、どれくらいが目安?

ダイエット

「プリペイド」というのはいわゆる「前払い方式」の契約タイプで、チャージした分だけ利用できるサービスです。

ガラケーなどでは少し前にプリペイド式のケータイ電話がありましたが、最近はスマホにもプリペイドタイプのサービスが見られるようになりました。

このサービスの魅力はやはりその料金体系ではないでしょうか。

スマホ料金は目安として約1万円/月の料金が発生している人も多い中でプリペイドタイプのスマホ料金は目安として1000円~5000円/月ほどとなることもあります。

これは使った分だけ料金が必要となるので、使い方によってスマホ料金というのが異なってきますが、うまいこと利用することで通常のスマホ料金の半分くらいにすることも可能です。

更に着信専用のスマホにしてしまえば料金もほとんど発生しませんし、利用しない月の利用料金は発生しないのも通常のスマホサービスにはない魅力ではないでしょうか。

海外出張の多い方や2台目のスマホとして検討している方にお薦めです。

注意すべき点としてはチャージした金額も無期限ではなく有効期限がある場合があるので、しっかりと有効期限についても確認しておきましょう。

しかしうまく使えばとても便利なサービスといえます。

スマホ料金を未払いで滞納したらどうなる?

ダイエット

利用している毎月のスマホ料金を事情があって未払いのまま滞納してまうと、今後のスマホの利用に支障が出てしまう可能性がありますので注意が必要です。

滞納してしまうと携帯会社から何らかの連絡が来ますので、見落とさないようにしましょう。

毎月のスマホ料金の支払い日を過ぎてしまい、滞納状態になっても、最初の数週間から1ヶ月弱程度はそのまま使える状態で、ハガキなどで催促が来ます。

圧着式のハガキを開くと、コンビニで使える払い込み用紙になっていますので、このときに払えば問題ありません。

もしそのハガキが到着しても支払わない状態が続けば、そこからさらに1ヶ月ぐらいで今度は通話ができなくなります。

ある日突然電話をかけることもインターネットに接続することも出来なくなります。スマホが繋がらなくなってしまっても、近くの携帯ショップに行けばそこでスマホ料金の支払いができますので、支払いが済めば後で開通します。

スマホが通じなくなった後もさらに未払いの状態が続くと、そこから1ヶ月から2ヶ月程度で強制的に解約になってしまいます。

未払いで強制解約となった人は、携帯会社間で情報共有されていますので、一定期間、契約できなくなってしまいます。

スマホが持てなくなってしまいますので、スマホ料金の未払いには注意しましょう。